税理士求人と事務所開業

  • 資格と経験を活かす税理士の求人 

    • 納税は勤労、教育と並んで、国民の三大義務の一つで、所得税や法人税、消費税など、国の税金の中核となっている税目は、申告課税といって、納税者自身が計算、申告し納税するのが原則です。しかし、税務には専門知識が必要なため、税務において納税者の補助や代理をすることができるのが税理士です。



      税理士は、独立開業することもできますが、資格を活かして就職するには、税理士事務所で勤務税理士として働きながら経験に磨きをかけたり、企業内で専門家としての知識を活かして、一般企業で働く方法があります。



      ただし、企業は原則的には、専門的な知識を持つアドバイザーは顧問として依頼するのが一般的で、自社内に有資格者を募集する企業は希で、求人情報もほとんど見かけることはありません。



      そのため、一般の経理財務の求人に応募して、税務の専門家であることを能力の面で評価してもらうのが企業で働くための近道です。



      一方、会計事務所で働いているのはすべてが有資格者というわけではありません。



      最低限必要なのは所長が資格を持っていることであり、他の職員は補助者として業務をすることができます。



      会計事務所で有資格者の求人がある場合、所長以外の有資格者の数と、顧問先の件数を聞くと、およその規模がわかります。


      また、関与先には個人事業者と法人がそれぞれどれくらいあるかや、どのような業種の顧問先が多いかで、自分の能力が活かせるか、将来に役立つ経験ができるかを考えましょう。

  • 関連リンク

    • 納税は勤労、教育と並んで、国民の三大義務の一つで、所得税や法人税、消費税など、国の税金の中核となっている税目は、申告課税といって、納税者自身が計算、申告し納税するのが原則です。しかし、税務には専門知識が必要なため、税務において納税者の補助や代理をすることができるのが税理士です。...

    • 税理士の求人情報を探すために利用するサイトはランキングから探すのが便利です。インターネットから税理士の求人を探すことが出来るサイトを選ぶ時にあまりにもいろんなサイトがあることで、その時点でどのサイトを利用するのか選ぶのが面倒になり、結局ハローワークを利用するなど一般的な方法からの職探しをするというケースも少なからずあります。...